FC2ブログ
Welcome to my blog

しなもの闘病日記2020-8【 セカンドオピニオンの話 】

注意


ここから先、ボカシなしの吐血と血便の写真が出てきます


ご批判はあるかと思いますが


病いの記録・参考資料のため、苦手な方は どうかご遠慮ください。




s500-IMG_1189.jpg
( ほんとうにニガテな人は見ないほうがいいよ )





『 セカンドオピニオンは大事 』



そう。 

でも その時は転院できなかった理由がありました。




昨年末の話。

しなもの症状が不安でいっぱいだった頃、

セカンドオピニオンの K病院へ診察をお願いしたことがありました。

( K病院は、獣医師とスタッフの人数が多く、医療設備も整った大きな動物病院で

他県からも来院するほど人気のある病院です )


今までの経緯とすべての検査資料を持参し、診察を受けたのですが

K先生から言われたのは

よほどのことが無い限り転院させるのは得策ではない・・・でした。



一番の理由は

同じ種類のインスリンを K病院では扱っていないということ。



s500-IMG_2815.jpg
( グラルギン・リリー )


病院によって使用しているインスリン ( 取り引きメーカー ) が異なるため

リリーで身体が慣れている しなもにとって、薬を変えてしまう行為は

体力が落ちている身体に負担がかかり、お勧めできない。

とくに今のところ、治療内容に問題があるようには思えないので

このまま様子を見たほうが良い・・・とアドバイスを受け、

あまり 「welcome」 という感じもしなかったので

転院をあきらめたのでした。

( 同じ市内の病院経営で先生同士が顔見知りのため、

言葉で説明しにくい道義的な面も多少はあったのだと思います )



s500-IMG_2420.jpg
( 何が正しいのか わからないからムズかしいよね・・・ )





そして話は今年の春に戻ります。
※最初の病院を 「A先生」 と書きますね



s500-IMG_0274a.jpg


しなもは毎日吐き続け、すみっこで丸く寝ていることが多くなりました。


s500-IMG_2306.jpg



薬を飲ませたり、点滴を続けているのに

ダルそうで、どんどん元気が無くなっていってる気がする・・・。


A先生からは血糖値が高いのでインスリンを打つように言われ、

迷いながらも それでしなもの身体がラクになるのなら・・・

と、打ち続けていたのですが・・・



s500-IMG_2322a.jpg
( 薬+薬+薬+薬+・・・ )




↓ その頃の一番ヒドイ症状の時です。
※すべてA先生に見せて説明するために撮影をしていました。

s500-IMG_2338.jpg
(食べてすぐ吐いてしまう)

s500-IMG_2345.jpg
( 吐血 )
s500-IMG_2290.jpg

s500-IMG_2291.jpg
( これも吐血 )

s500-IMG_2418.jpg
( 血便が出るようになってしまった )


ある日の夕方、とてもひどい下痢をして

ただ事ではない感じがしてA病院へ電話をかけると

『 元気もあって食欲もあるようでしたら そのまま様子を見て

明日は定休日なので、明後日連れて来てください 』 と当たり障りのない返事が。



そのまま様子を ずっと見ていたのですが

夜ゴハンを食べず

翌朝もまったく食べず動かない。



私はしなもを連れて K病院へ駆け込みました。



s500-IMG_2343.jpg
( 血便 )






血液検査、 レントゲン、エコー等の精密検査をしてもらったのですが

その中で 一番 ゾッとしたのは

血糖値が 『 43 』 だったこと。 ( 基準値:71-159 )

このまま痙攣発作が起きて危険な状態になってもおかしくない状況でした。



昨年のときに比べ、しなもの体調が大きく異なるため、

担当の先生に転院を強く望み、それを受け入れて下さり


その日から日帰り入院という形で

今まで皮下点滴だったのを静脈点滴に変え

体調が安定するまで毎日通うことになりました。



s500-IMG_2465.jpg
( 静脈点滴のために、血管確保の留置針を腕に設置しています )




でも、この日一番驚いたのは

K病院の治療はいたってシンプルで、水分点滴と吐き気止めの薬のみ。

その日から しなもの嘔吐と下痢が嘘のようにピタっと止まり

日帰り通院を続けて5日目から食欲が少しずつ戻ってきてくれました。



s500-IMG_2461.jpg
( ボク、ほんとうに苦しかったんだよ )




ごめんね。


いや 「 ごめんね 」 じゃ済まないよね







けれど安心したのも束の間。


このあと、本当の闘いが始まります。



s500-IMG_0261.jpg
( え? めでたしめでたし・・・じゃないんでツか? )




そうなの。



これから 「 はじまり、はじまり 」 なのですよ










ご批判はあるかと思いますが、飼い主の馬鹿さ加減と愚かさと、恥をさらしてでも
いつか、誰かのために残そうとする心意気を くみ取っていただけますと
飼い主もしなもも、命懸けで頑張った苦労が報われます。


「しなもの闘病日記」 「しなもの病気の話」 膵炎 糖尿病 尿路結石


チビたちのお世話があるため、数日間、ブログ作成にお時間を頂きます。

ご覧いただき、ありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村





しなものしっぽ season2 ~しなもの闘病日記 2020~

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

[Vanilla-Sky] Designed by Akira.

Copyright © しなものしっぽ All Rights Reserved.