FC2ブログ
Welcome to my blog

しなものしっぽ

archive: 2012年09月  1/1

そして、虹の橋へ。

2011年6月10日(金) 午前3時7分 永眠今でも この日のことを忘れない。夜中に泣きながら病院の先生に電話したときの会話の内容も心配してくれたブリーダーさんからの優しい言葉も励ましのメッセージをくれた 猫友達もみんな みんな ありがとう。一時は「安楽死」をも考えた愚かな私でしたが、先生が私を諭してくれ、そのおかげで 自宅で杏樹の最後を看取ることが出来ました。杏樹は私の腕の中で 「ミーーーー・・・」と ...

  •  4
  •  0

里緒の強さ

痙攣 ( けいれん ) が始まるとき、 突然 大きな音がして ドキッ とする。ひどく 暴れるからだ。私は 暴れる杏樹を オロオロと見ているだけで 何もしてあげられなかった。死が近づいているのが怖かった。苦しんでいる姿を見るのが 苦しかった。どうしていいのか わからなかった。でも里緒は 違った。「 あんじゅっ 」と 駆け寄り暴れる杏樹を ギュッと 抱きしめる。ものすごい力で暴れる杏樹を「 あんじゅっ、がんばって、あん...

  •  0
  •  0

奇跡なんて・・・

2011年6月6日(月)  ブリーダーSさんに送ったメールより FIPの検査結果が出ました。コロナウイルス遺伝子検査の結果は「25600」でした。5月に初めて痙攣を確認し、そこから坂を転げ落ちるように病気が進行しました。貧血がひどく、熱もあり、フラフラで もう歩くことが出来ません。トイレや水も介助の状態です。食事は まったく出来ません。先月は 薬と 注射と 血液検査の1ヶ月間でした。今日は先生から「 このまま治療...

  •  0
  •  0

FIP -猫伝染性腹膜炎-

2011年5月21日(土) 血液再検査。杏樹の瞳は 日に日に輝きを失っていった。もう、まっすぐ私を見つめてくれることは なくなった。食事とトイレ以外、ずっと丸くなって 寝ている。杏樹のグリーンゴールドの瞳は、もうパッチリと開くことはなくいつも目を細めていた。ときどき目頭に瞬膜が見られるときは かなり調子が悪い時だと よくわかった。「 FIP の可能性があります 」先生から病名を聞かされても 私は「 はぁ…… 」( FIP?...

  •  0
  •  0

血液検査

5月13日(金)。あれから発作は確認していないが、日に日に食欲が落ちていく。病院へ行き、血液検査をしてもらった。杏樹は力なく診察台の上にジッとしていて 私と二人、しばらく診察室で結果を待った。次に扉が開くと、私と目を合わせた先生から「 貧血がひどいな。 これは重症だ。 」と聞かされた。HCTの基準値が30-40%だとすると、杏樹は17%。 10%を切ると確実に死に至ると聞かされた。  でも、まったく方法が ないわけで...

  •  1
  •  0

発作

No image

忘れもしない、あの夜の出来事。2011年5月4日(水) ゴールデンウィークの日。夜中に 杏樹が 窓枠から落ちたのだ。それも わずか 80センチの高さから、 ボトッと。一瞬 何が起きたのか、家族全員 わからなかった。フラフラッと部屋を出て、ペタンと壁にもたれて 座ってしまった。「 あんじゅ? どうした? あんじゅ? 」みんなが 杏樹を 囲んだ。2~3分すると、体を起こし、いつものように歩き始めた姿を見て 心配はしたが...

  •  0
  •  0

まっすぐな瞳で

お気に入りの 100円均一のカゴ。大きくなったね まっすぐな瞳。  なにを思っているの? 私を真っ直ぐに見つめてくれた写真は これが最後の写真になる。病院へは あいかわらず 通っていた。苦い薬も おりこうさんで 飲み続けた。そのかいあってか 4月に入ると 軟便が治まり 私は ひとまず安心した。長かった治療は これで 終わると思っていた。・・・そして 魔の5月が やってくる。...

  •  0
  •  0

願い

杏樹の1歳の誕生日を祝った。杏樹と家族になった記念日も祝った。「早く元気に なりますように」「 ずっとずっと これからも ず~っと一緒 」と願いを込めて。里緒 と 杏樹の 鼻チュウ 写真。たくさん撮った中の 1枚。 ほんとに ニアってるのかえ、えぇ…  お客様、 とっても おにあいですぅ...

  •  0
  •  0

「 たかが風邪 」だと思ってた

2011年 1月 「 志 」。小学6年生 冬休み 書き初めの宿題。 「 立志の春 」という 「 お手本の課題紙 」が ちょうど「 志 」で折れ、落ちていた所 ( いえ、里緒が片付けなかっただけなんだけど )杏樹の 「 志 」 みたいで 面白かったから パチリ☆でもね、この頃、軟便が続いていて 2月は 毎週 病院へ通ったよね。毎回 便の検査をして、薬をもらって、食事も変えたりしたんだけどなかなか便が固くならなくて 心配した...

  •  0
  •  0

別れのカウントダウン

2010年 クリスマスチラチラ 動く飾りが 気になって 気になって…。この頃 ときどきクシャミをしていたね。私の お気に入りの一枚。 年賀状用に 撮りました。「 ウッキーーーーー 」って感じでしょ  プッどこか 遠くを見つめ・・・。眠っちゃった ZZZこんな幸せな光景が 毎年毎年 増えていくのかと思うと、嬉しくて しあわせで「杏樹に出会えてよかった 」と、心から感じていた。でも、このとき 杏樹の体内ではウイルスが 静...

  •  0
  •  0

たわし・・・ネコ

たわしっ…のような…この 丸みがスキ  「にゃに 」あっ、あんじゅさま  すみませ~ん テヘッ...

  •  0
  •  0

穴の開いたスニーカー☆

ちょっと汚い写真で ごめんなさい。これは 今からちょうど2年前に撮った、小学6年生の時に履いていた 里緒 ( りお ) の靴です。 学校へ通い始め、半年くらい経ち、靴の裏に「穴」が開きました。右も 左も 両方です。里緒には お兄ちゃんがいるのですが( お兄ちゃんは不登校ではなく、普通に学校へ通う子です )男の子だからか、運動靴の消耗が激しく、汚すのも得意、穴を開けるのも しょっちゅう で私は「 もうっ もったいな...

  •  0
  •  0

ふたりは仲良し - その4 -

忘れられない 1ページがあります。10月の ある夜のこと。杏樹が クシャミをしたので そばに置いてあったクッションを上に乗せてみました。そしたらハンバーガーみたいに見え、面白くなり、私はカメラを取りに行き「パシャパシャ」とシャッターを切りました。すると、カメラがオートになっていたため、タイミング悪くフラッシュが。( ごめん、あんじゅ )うるさそうに のそっとベッドを出る 杏樹。どこへ行くのかと あとをついて行...

  •  0
  •  0

何気ない日常

この頃、里緒 は小学6年生。 杏樹 の お世話係です。爪切りもブラッシングも 私より扱いが上手でした 当時、新製品の「ファーミネーター」。しばらく「ターミネーター」と言い間違えました。いっぱい取れたね カラーも外れ、抜糸も済み、やっとお風呂に入れました。おとなしくて おりこうさんです おばあちゃん猫みたいだよ、あんじゅ 「さて、どこへ かくれようか…」逃げても無駄だよ このあと、ドライヤーに 50分かかりました...

  •  0
  •  0

エリザベスカラー

2010年8月。この日は病院の日でした。不妊手術です。朝、キャリーケースを出したとたん ダダダダ~っ とソファの後ろに隠れちゃいました。お腹の調子が悪かったり、ワクチン注射に行ったり、病院キライだもんね あーんじゅ、あーんじゅ 「やだ」そんな声が聞こえてきそうな一枚です。二日後。おかえり、あんじゅ あれ、、、、もしかしてキゲン悪い 「あたりまえでしょ。 おなかイタイし、具合ワルイし 」キョトン とした顔が印...

  •  0
  •  0

フトンの中で

ふとんの中に 入るのが 大好きです そこにいるのは ダレ ヒモで 遊んでみる。は~い。「 親ばか 」でぇ~す、 すみませ~ん...

  •  2
  •  0

動物の魔法

何から書こう・・・・。そもそもペットを飼おうと思い始めたのは 里緒が不登校だったから。昼間は ずっと家にいる生活。もし愛する家族、守るべき家族が出来たら、里緒の退屈な日々も変わるのではないかと思った。だから単純に 「犬」 を飼おうと思った。不登校に対しては、里緒と何年も向き合ってきた。でも、新一年生の時のような、元気な里緒を見ることは難しかった。ときどき行く保健室登校も いやいやで仕方なく行くために里...

  •  2
  •  0

週末スケートレッスン

スケートリンクに向かう途中、高速道路のトンネルの中。事故で大渋滞でした。毎回、ここのサービスエリアに寄ります 青空が きもちいい ここは、鈴木明子選手のホームリンク。夏休みが過ぎていたので お客様は少なかったみたい。みんな 隙間を探して ジャンプ、スピンの練習に励みます。この中に 里緒さんが います...

  •  2
  •  0

ふたりは仲良し -その3-

ブリーダーさん宅で 杏樹 を見つけたのは 里緒 だった。もちろん、私も一目でメロメロになったのは 確かだが実際 たくさんいる子猫の中で 「あの子もいいな、この子もカワイイな」と思っていたのは事実だ。でも里緒は ランドセルを選んだ時のように まよわず 「 この子っ! ぜったいに この子っ 」と。( まだ猫を飼うと決めていないのに…) まるで 彼女と子猫の ふたりの間で、見えない契約が結ばれたようだった。里緒が...

  •  0
  •  0

里緒のランドセル

これは里緒のランドセル。今から約8年前、2人でイオンに行き、買ったものだ。私でさえ迷ってしまうほどの たくさんのカラーの中から 里緒は まよわず 「これっ!」 と決めた。女の子は ピンク か 赤 が 定番だと思っていたが里緒は 「かわいい色は やだ!」 と この色を選んだ。毎年 桜の木の下で 子供の成長写真を撮っていた。ずっと楽しみにしていた入学式。ぴかぴかのランドセルは きっと 6年後にはキズだらけになるっ...

  •  2
  •  0

ふたりは仲良し - その2-

ただいま漢字の書き取り中。                いまにゃっ  あ・・・あんじゅ・・・?こわいよ・・・えっとぉ・・・めくりたいんですけどぉ・・・あんじゅ~    どいて~  里緒と遊びたいのね...

  •  0
  •  0

ふたりは仲良し - その1 -

杏樹 ( あんじゅ ) は 猫。里緒 ( りお ) は 人間。でも、時として 杏樹は里緒の 「おもちゃ」 になる。お耳が ぺったんこ。こっちは お耳が 裏がえし。あれ・・・・、もしかして杏樹、 きもちいいの?里緒 「あ~んじゅっ  マッサージの お時間ですよ~ 」ふたりは 仲良し です ...

  •  0
  •  0

無防備

ウチに来て 2ヶ月のころ。だいぶ慣れてくれたんだけど・・・。アンモナイトみたいだよ。 杏樹。でもさぁ、もし ここが 大草原だったら・・・。ぜったい 大きな鳥に さらわれちゃうよ。...

  •  0
  •  0

あの日のノル

杏樹の こんな立ち姿を見ていると7年前にペットショップで出会った 子猫を思い出す。ペットショップの有り方が問われている時代だがあの子は あのあと 幸せになったのだろうか・・・。...

  •  2
  •  0

まるっ

100円均一で買ったカゴがお気に入り。あ~ん~じゅ それ、洗濯物を入れたいんですけど・・・。...

  •  0
  •  0

杏樹のベッド

まだウチへ来て まもない頃。おねえちゃんのバックの中へゴソゴソと入る。そっかぁ。猫は狭い場所が好き と聞いていたけどそういうことかぁ。でも、せっかく買ったベッドだから寝てみてよ~。ふふっやっぱチビだね。家族になって2週間後くらいの写真。ちょっぴり大きくなったね。ほんと、癒されます。。。...

  •  1
  •  0

ねこねこ こねこ。

犬を飼おうと思っていた。飼うなら 絶対「犬」だと思っていた。家族全員が「次の家族は犬だ!!」と信じて疑わなかった。そして いつか飼うであろう犬を夢見て「私はポメラニアン」「私はトイプードル」「オレはミニチュアダックスフンド」と 家族会議に花が咲き、本屋さんで犬の飼い方、しつけの仕方、犬の種類の本を買い、あとは「どこで わんちゃんを買うか」まで 話は進んでいたのに…それが なにがどうなってあれよあれよ...

  •  1
  •  0

ノルウェージャンフォレストキャットとの出会い。

No image

私が はじめて「ノルウェージャンフォレストキャット」に出会ったのは今から7年ほど前。たまたま時間つぶしに覗いたペットショップの中だった。当時、猫の種類など ほとんど知らなかった私は狭いケージの中で動き回っているカワイイ子猫たちを一匹一匹眺めていた。その日は「猫フェア」をやっていたらしくたくさんの猫たちが並んでいた。そして最後のケージの所で、私は今まで見たことのない美しい子に出会った。その子は、他のケ...

  •  0
  •  0

杏樹のこと。

ずっとブログを やりたかった。かわいいペットの写真、幸せな空間。記録を残したかったし、それを誰かに見てもらいたかった。でも現実は「コンピューターは苦手だし、体力も時間もない」。。。私には無理だと あきらめていた。けど。「私にもできるかな・・・」と。気持ちに すこ~し、余裕が出て来たのかな。。。ずっと杏樹のことを書きたかった。でも書けないまま日々が過ぎ、今日まで きてしまった。少しずつ、当時を思い出しな...

  •  1
  •  0

[Vanilla-Sky] Designed by Akira.

Copyright © しなものしっぽ All Rights Reserved.