FC2ブログ
Welcome to my blog

しなものしっぽ

category: 杏樹  1/4

杏樹が繋げてくれた贈り物

最近、リンクさせていただいた、私と娘の お気に入りの猫マンガブログ。猫と酒とおもちゃとバイクと の しのとらさん。この中に出てくる 猫ちゃんの性格が、ウチの しなもとサスケに似ているような気がしていつも ウチの子たちと重ねて 楽しく読ませていただいていました。そしてまた今日も、ブログを覗かせていただいたところどう表現していいものか・・・。ビックリしたし、「 え、なんで、うそ 」 と思い、でもでもあんまりに...

  •  6
  •  0

ペットロス

No image

愛する家族を失った経験のある人なら、みんな わかってくれると思う。ペットロス。朝、目覚めて 杏樹の様子が気になり ガバッと起きても「…あ…、そうか…」と思い、仕事が終わり、車に乗り込み、「 杏樹が待ってる、早く帰らなきゃ… 」と、気持ちが 一瞬そう思うのだが「 …あ…、そうだった。 もう、杏樹は いないんだ 」 と気が付く。「 もう いない 」 という現実。さみしくて さみしくて杏樹が いなくなってしまった静かな生活...

  •  0
  •  0

そして、虹の橋へ。

2011年6月10日(金) 午前3時7分 永眠今でも この日のことを忘れない。夜中に泣きながら病院の先生に電話したときの会話の内容も心配してくれたブリーダーさんからの優しい言葉も励ましのメッセージをくれた 猫友達もみんな みんな ありがとう。一時は「安楽死」をも考えた愚かな私でしたが、先生が私を諭してくれ、そのおかげで 自宅で杏樹の最後を看取ることが出来ました。杏樹は私の腕の中で 「ミーーーー・・・」と ...

  •  4
  •  0

里緒の強さ

痙攣 ( けいれん ) が始まるとき、 突然 大きな音がして ドキッ とする。ひどく 暴れるからだ。私は 暴れる杏樹を オロオロと見ているだけで 何もしてあげられなかった。死が近づいているのが怖かった。苦しんでいる姿を見るのが 苦しかった。どうしていいのか わからなかった。でも里緒は 違った。「 あんじゅっ 」と 駆け寄り暴れる杏樹を ギュッと 抱きしめる。ものすごい力で暴れる杏樹を「 あんじゅっ、がんばって、あん...

  •  0
  •  0

奇跡なんて・・・

2011年6月6日(月)  ブリーダーSさんに送ったメールより FIPの検査結果が出ました。コロナウイルス遺伝子検査の結果は「25600」でした。5月に初めて痙攣を確認し、そこから坂を転げ落ちるように病気が進行しました。貧血がひどく、熱もあり、フラフラで もう歩くことが出来ません。トイレや水も介助の状態です。食事は まったく出来ません。先月は 薬と 注射と 血液検査の1ヶ月間でした。今日は先生から「 このまま治療...

  •  0
  •  0

FIP -猫伝染性腹膜炎-

2011年5月21日(土) 血液再検査。杏樹の瞳は 日に日に輝きを失っていった。もう、まっすぐ私を見つめてくれることは なくなった。食事とトイレ以外、ずっと丸くなって 寝ている。杏樹のグリーンゴールドの瞳は、もうパッチリと開くことはなくいつも目を細めていた。ときどき目頭に瞬膜が見られるときは かなり調子が悪い時だと よくわかった。「 FIP の可能性があります 」先生から病名を聞かされても 私は「 はぁ…… 」( FIP?...

  •  0
  •  0

血液検査

5月13日(金)。あれから発作は確認していないが、日に日に食欲が落ちていく。病院へ行き、血液検査をしてもらった。杏樹は力なく診察台の上にジッとしていて 私と二人、しばらく診察室で結果を待った。次に扉が開くと、私と目を合わせた先生から「 貧血がひどいな。 これは重症だ。 」と聞かされた。HCTの基準値が30-40%だとすると、杏樹は17%。 10%を切ると確実に死に至ると聞かされた。  でも、まったく方法が ないわけで...

  •  1
  •  0

[Vanilla-Sky] Designed by Akira.

Copyright © しなものしっぽ All Rights Reserved.